住まいづくりコラム

土地・資金計画のお話

狭小道路は建築コストアップ

こんにちは森田です。

台風上陸の影響も殆ど無かった大阪府です。

ホント良かったです。

土地からお探しのお客様へ先日ポイントをアドバイスさせて頂きました。

9/13土地選びは建築屋とご一緒に
今日はその続きです。

建築基準法上の「道路」とは、原則として建築基準法で定められた幅員(道路幅)4m以上の道路に、2m以上接した土地でなければならないとなっています。

これは、火災や地震などの災害が起きたときの避難経路、消防車や救急車が通れる経路の確保が目的です。

ただ古くからの住宅地などでは、4mよりも狭い幅の道路が沢山ありますが、それらが全て新築が不可という事ではありません。

セットバックと言って道路の中心から原則両側がそれぞれ2m後退して将来4m道路にしましょうということになっています。

但し敷地に行くまでの道路が非常に狭い場合、コストアップの要因になります。

下の写真は古い住宅地の狭小道路です。

狭小道路

基礎工事を行う場合、生コンを積んだミキサー車を使用しますが、ご覧の道路は大型車が通行できません。

この場合、小型の「立米車(りゅべいしゃ)」を手配することになります。

通常は生コンを4㎥程度積んでくるのに、名前の通り1㎥しか積めないので運搬の回数が多くなります。

元々台数も少ないので費用は増大します。

ギリギリの幅

 

狭い道路でも侵入出来る立米車。

かなり小さめのタンクであることがお分かり頂けると思います。

立米車

下の写真と比べてみて下さい。

通常のミキサー車 4㎥程度生コンを積んできます

さらに上棟時にレッカー車が入れなければ人海戦術、大きな木材を機械を使わず人間の力で持ち上げる「手上げ」になってしまいます。

手上げの上棟 某工務店さんの工事の様子 写真は梁に鉄骨を使う工法での現場です。 平屋でも重たい鉄骨の梁を上げるのは大変な苦労です。

そうなるとレッカー車を使用するより、人件費が増大しかなりのコストアップになります。

そして資材の小運搬(こうんぱん)作業。

4トンや2トントラックで納品された資材は、近くの空き地で軽トラに積みなおしての現場搬入。

手間と時間が掛かりコストアップになります。

郊外の古い住宅地によくある、敷地内は広いけれど途中の道路が極端に狭いパターンの土地

これらの経費が建築費、外構費用に上乗せ(古家があり解体が必要な場合は解体費も)になるので要注意です。

元々住んでおられたお家を建て替えするなら仕方ないですが、建築地用の土地購入には回避することが望ましいでしょう。

前回お話したように、プロの不動産屋さんはこれらの費用を見越して土地の販売価格を設定しています。

ですから土地探しは工務店、ハウスメーカーさんに相談しながら探してくださいね。

大阪府ブログランキング参加中 バナーをぽちっとクリックお願いします。 → 
大阪府ランキング

バナーをクリック!!お気軽にお申し込みください。

「狭小道路は建築コストアップ」への7件のフィードバック

  1. にっしー より:

    こんにちは。

    ときどき行き慣れた旅先などで、一本裏の道に入ってみようとかするとこうい路地に突き当たることがあります。特に関西で多い印象ですが・・・。京都はもちろん、箕面の牧落あたりもこんな路地に迷い込んだ記憶がありますよ、はい。

  2. チーちゃん より:

    こんばんは。
    我が家の近くにも狭い道の両脇に
    住宅が立ち並ぶ場所がありますが
    何かにつけて不便ではないかと
    思ってしまいます。

  3. 家の前は6mありますが大型車が入らないので
    中型トラックが何度も往復。
    商売をするにはまったく不向きです。

  4. Junko より:

    こんばんは♪
    私の住むニュータウンは、昭和46年から開発された
    古い住宅地です。
    初期の頃の家は、道幅が狭い場所に建ち
    駐車場もない家が多く、路上駐車が
    当たり前。。
    何年も前のことですが、消防車が入れずに
    全焼した…なんてことがありました。
    これは大変なことですけど、丘の上の住宅地なので
    道幅を広げることもできずです。
    あとから建ったほうは、それなりの道幅が
    確保されてから建てたようです。

  5. みかん農家 より:

    田舎も結構狭い道路がたくさんあり、
    なかなか広い道路に面しているところが少ないですよね。
    応援ぽち。

  6. たんぽぽ より:

    台風被害がなくてよかったですね
    ぽち

  7. 溶射屋 より:

    家づくりコラム森田さん

    おはようございます。

    >かなり小さめのタンクであることがお分かり頂けると思います。

    この手のタンクローリー車は初めてみました。

    小さいところでは必需品ですね。

Junko へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時(月~土)
 つながらない場合は、 090-3261-7795(小西)まで

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。