住まいづくりコラム

私の住まい感

住み替えとお家の資産価値

こんにちは大阪府交野市の無垢材と自然素材を使った家づくりを行う 日伸建設の森田です。

よく住宅会社の広告やキャッチコピーに「一生に一度の家づくり、だから失敗したくない」というのがありますが、その考え方がまずいのではないかと最近思うようになりました。

ミドル、シニアの建て替えもありますが、平均的に新築を考える人が多い年代は30~40歳前後が一番多いのではないでしょうか。

ご主人さんの会社での位置づけも中堅になるとご年収もソコソコになり、住宅ローンの借り入れ金額、期間も大きく借りることが出来る年代でもあります。

私も担当させて頂いたお客様に「多くの方が一生に一度の大きな買い物、それが家です」と言っていましたが、最近は年齢や家族構成の変化によって「住み替える」事がいいのでは思うようになりました。

どうしても30-40代は子育て世代で、子供を中心とした間取りを考えがちです。

勉強しやすい子供部屋にするために、南向きの日当たりのいい所に配置する方もおられます。

但し、家づくりの時点で10歳だった子供も15年後には就職して、別の所へ出ていくかも知れません。

こうなると子供部屋の消費期間は僅か15年間という事になります。

家の良い場所に空き部屋がポツンと出来る。

離れて暮らしていても、盆と正月には帰省するのでそのままにしているのは、家族愛としては大切かも知れませんが、そこを利用する期間は年間で10日間未満でしょう。

余計なお世話かも知れませんが、それだけの為にスペースを年中空けている、というのはどうなんでしょう。

「いずれこの家は子供たちが引き継いでくれる」と親は思いたいですが、子供にすればそんな気持ちはサラサラなくて、便利な所にマンションを買って新たな住みかを形成するという事が現実的にではないかなと思います。

ただ広くてスペースが無駄な家、お掃除やメンテナンスが大変で、放置していると家は劣化していきます。

元気なときは手を入れていた植栽の木々も荒れ放題で、その根が伸びて劣化した汚水の配管に入り込んで、管を破損させたり詰まらせている戸建て住宅の被害が多いです。

高齢になり持ち主がお亡くなり、また施設へ移住されたりすると、住まい手おらすになっているのが、現在の空き家問題にもつながっているのです。

売るに売れないところまで、お家が劣化してしまうと「住みたい」という需要も少なくなり、流通が上手く行かなくなります。

ですからライフステージが変わるたびに、欧米の様に自分たちに合った家に住み替える事が一番ではないかと思います。

家が劣化してからでは遅い、その前に「子育て世代の家」を探している人はいるはずです。

その人へ流通させ家を引き継ぐ事が重要です。

そして売買代金の範囲で、今の自分たちの暮らし方が出来る小さな規模の家に住み替える事です。

誰もが住みたい場所、家であり間取りを変えれるリフォームしやすい資産価値の高い家なら需要はあるはずです。

そのように資産価値や中古の流通を考えるなら、簡単に間取りを変えれないハウスメーカーの型式認定を取った鉄骨住宅や2x4の住宅は止めておいた方が良いかも知れませんね。

やはりリフォームをしやすい木の家が一番ではないでしょうか。

そして、経年劣化が避けられない工業製品の建材より、経年変化を楽しめる耐久性の高い自然素材、無垢材を使う事が、結局は資産価値を落とさない家づくりではないかとと思います。

施工事例 枚方市F様邸

施工事例 枚方市F様邸

◎近畿エリア・大阪府ブログランキングに参加しています。
皆さんの1クリック(1票)で順位が決まりますので、読まれた後は、
大阪府人気ブログランキング
のボタン↓を是非クリックしてください。
→ 
大阪府ランキング

ご協力、ありがとうございます 。   

※自然素材と無垢材を使ったマンションリフォームも好評頂いております。

※日伸建設では大工の見習いを募集中です。木や自然素材がいいなあと思う人、大工技術を一から学びたい人、メール、電話にてご連絡ください。担当森田まで。

「住み替えとお家の資産価値」への7件のフィードバック

  1. 父が建てた家に住んでますが、その時には間取りも良くていい家だったでしょうが5人家族の我が家が入って先ず気が付いたのは間取りの少なさ。

    が、今は少ない方が楽になりました。
    生活様式は年代で変わりますね。

  2. チーちゃん より:

    こんにちは。
    我が家はマンションですが
    子供たちが結婚して
    部屋が二つ空いてしまい
    リフォームを検討しています。

  3. みかん農家 より:

    ほんと、年とともに部屋数や使い方も
    変わってきてますね。
    応援ぽち。

  4. Junko より:

    こんばんは♪
    娘二人の部屋は、主人が使っています。
    私の実家は、両親70を過ぎてから
    こちらに新築を建てたので、母が住まなくなったら
    考えなくちゃいけないですね。

  5. たんぽぽ より:

    リフォームをしやすいっていいですね♪
    ぽち

  6. hirugao より:

    もう今ではリホームを考えなくては・・・
    と思うのですが息子に任せています
    昔のお布団や食器類なども考え物です

  7. 溶射屋 より:

    家づくりコラム森田さん

    こんにちは!

    やっぱりハウスメーカーの家よりも木材がふんだんに使われている家がいいなぁと思います。

    ポチッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時(月~土)

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。