住まいづくりコラム

私の住まい感

自然と共存する家づくり

こんにちは、交野市・枚方市・寝屋川市を中心に自然素材を使った木の家を建てている、日伸建設の森田です。

昨晩はZOOMでのWEBセミナーでした。

講師は(有)無垢里の代表、一級建築士金田正夫先生で「春夏秋冬のある暮らし」というシリーズもので月一回行われています。

今、環境異変が問題になっていますが、実際に食い止めようと思ったらどう向き合えば良いのかと言う投げかけに対して、

消費を減らさない限り 資源枯渇=環境異変を解決できないと金田先生は言われます。

大切なキーワードは

長耐久  脱機械(エアコン等) 脱工業化手法(工場加工をしない素材 建築なら人工乾燥、防腐剤、プレカット)

自然と正面から向き合い、機械や工業材料に極力頼らないパッシブな環境づくりを目指す。

自然の法則や原理を暮らしに取り入れること。

現在建築業界では地球温暖化抑制に向けて、国、自治体が高気密・高断熱化に資金も投入し税制優遇や建築基準法も改定、推進しています。

多くの省エネ住宅は、太陽光発電やウレタン吹付断熱等、エコ設備他、工業製品で埋め尽くされています。

これらを採用すれば、夏涼しく、冬温かい、快適に過ごせ消費電力、CO2排出を抑制する家になると言う事ですが、その建材設備を生産し、そして何十年後かに廃棄・処分するまでのエネルギーやCO2を全体で考えると、本当に環境に優しいと言えるのでしょうか。

燃やせばCO2排出、埋めれば問題先延ばし、そしてリサイクルにも手間とコスト、CO2が大量に発生し、結局ロングスパンで見ればマイナスではないのかと思ってしまいます。

はたしてこの方向性が、持続可能な開発目標になっているのか。

CO2排出量の数字合わせのように感じます。

今何かと話題になるSDGsも広告代理店を使った企業やマスコミのイメージ戦略、販売拡大の目的で推進しているような気がします。

何もかも計算上の数字が正しい、職人の経験や勘等は信用できないとする風潮が今の建築業界のような気がします。

省エネも構造も過程はどうであれ、基準を少しでも超えておればそれでよい、問題は先延ばしという流れです。

今の日本では良い職人さんが育たないそんな環境です。

むしろ高度な技術や熟練工は不要のような方向性でもあります。

1500年を超える歴史のある伝統構法より、工業製品を使った生産性優先な新工法の方が評価されるそんな時代に寂しさを覚えます。

歴史を重ねた伝統構法は、日本の高温多湿の気候や素材を生かした長年の気候変更にも耐えてきた工法のはずなのに。

人間も自然の中の生き物ではありますが、今の自分たちの特権は維持したまま地球環境を語るので矛盾が多くなるのです。

資源が枯渇に向かっていても今の生活を変えたくない人間のエゴが、今度は自然界のエネルギーを使い、今の生活を維持し続けながら地球環境を語る。

いずれしっぺ返しがくるような気がしてなりません。

自然に反した生き方自身を見直す時期なのかも知れません。

太陽光発電の拡大で、自然環境は逆に破壊されているところが多いのも事実。

環境に良い自然エネルギーが、いい加減な開発で山は荒らしています。

消費を減らすこと、自然に向き合って生きる、暮す事が大切な時期なのかも知れません。

昨日のセミナーのお題は「シロアリと共存する」。

木材を食い尽くす嫌われ者のシロアリですが、別名「森の掃除人」。

彼らがいなければ枯れ木がそのまま残り続け、森は間違いなく崩壊します。

自然の中には無駄なものは何一つとしてありません。

何故シロアリが発生するのかを考え、その特性を理解すればシロアリは発生しません。

気温・養分・酸素・水分この4つが整わないと彼らは生きていけないからです。

ということは、今の新建材のお家はシロアリが好む4条件を満たしていると言えます。

昔のメンテナンスされた古民家は、薬で消毒していなくてもシロアリ被害が無かったりします。

それはその地域の気候や素材の特性を活かした調湿性、防水性、木組み等を大工さんが考慮して建てていたからです。

そういう意味でも、今だからこそ自然と共存する家が注目されないといけません。

※ご興味がおありでしたら受講ください。ZOOMの無料講座です。↓

写真をクリックすると拡大します

 

枚方市牧野阪1丁目 自然素材で建てた深呼吸する家 販売開始しました。
ご見学ご希望の方は直接日伸建設へご連絡ください。

私、森田が本格的な自然素材の家をウンチクを交えて、分かりやすく説明、ご案内致します。

新規分譲中(枚方市牧野阪)

詳しくはこちらをクリック

一度現地にお越しください。木の香りを感じてください!

◎近畿エリア・大阪府ブログランキングに参加しています。
皆さんの1クリック(1票)で順位が決まりますので、読まれた後は、
大阪府人気ブログランキング
のボタン↓を是非クリックしてください。
→ 
大阪府ランキング

ご協力、ありがとうございます 。   

※自然素材と無垢材を使ったマンションリフォームも好評頂いております。

※ノーリツ・リンナイガス給湯機 戸建て用24号追い焚き エコジョーズ 都市ガス13Aの在庫2台あります。お早めにどうぞ。

「自然と共存する家づくり」への6件のフィードバック

  1. みかん農家 より:

    確かに昔からの建物の工法は素晴らしいですね。
    応援ポチ

  2. 確かに昔は消毒剤とかありませんでした。
    薬はあまり使用したくないです。

  3. チーちゃん より:

    おはようございます。
    自然と共存するのは
    大事なことですね。

  4. たんぽぽ より:

    お疲れ様です、応援ぽちです
    1位ですね(^^)

  5. 溶射屋 より:

    家づくりコラム森田さん

    こんにちは!

    そういう家に住んでみたいものです。

    ポチッ!

  6. hirugao より:

    家自体がそうでしょうが我が家のように田舎で
    風とうしがよくて緑が多いのはありがたいです

    家の設計も大事でしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時 水曜定休

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。

大工見習い募集中

菅村、田中両棟梁から基本技術を学び、木や自然素材を加工できるように指導いたします。
作業場にて墨付け、手刻み加工が行えるようになり、最終的には建築全体を理解して棟梁を目指しませんか?
モノづくりが大好きな夢を持った前向きな方を募集します。