住まいづくりコラム

間取りのお話

収納は奥行がポイント

こんにちは森田です。

週末土曜日の朝は良いお天気です。

折角の秋晴れですが残念ながら、夕方からお天気は崩れてくるようです。

明日は雨でしょうか・・・。

さて、今日は収納のお話。

今度建てる家は「収納スペースを充実したい」という思いが強い方が多いはずあです。

それだけ今の暮らしで皆さん「収納」に苦労されているということ。

だから間取りの打合せで、たっぷりの収納スペースを確保できるとなると安心します。

しかし、そこに何を収納するか決めず、間口や収納量ばかりに気を取られていると、完成してから「使い勝手が悪い」という意味のない収納を作ってしまいがちです。

例えば洋室のクローゼット。

一般的な奥行きは60センチほどですが、体格の良いご主人様なら、もう少し奥行きがないと使い辛いかも知れません。

逆にキッチンのパントリーなのにスペースが取れるからと、奥行きの深い棚を作っても使い勝手が悪いです。

パントリーの棚 イメージ写真

ちなみに各収納の奥行の目安としては・・・

・キッチン・パントリー 30-45cm

・脱衣室の収納 30-50cm

・クローゼット 55-80cm

・シューズ・ボックス 30-40cm

・本棚 15-30cm

・家電収納 45-50cm

・玄関土間収納 60-70cm

クローゼットの棚 イメージ写真

普段家事をする機会が少ない人には、掃除や片付け等のポイントがわかりにくいかもしれません。

プライベートでは家事をほとんどしない人が設計に携わると、座学で学んだ一般的な提案しかできないというのは往々にしてありますね。

また子育て経験がある、なしで、また提案内容は違ってくるでしょう。

そのように施主さんと設計士のボタンの掛け違いを防ぐためにも、

「来客用の布団が客間の押し入れに入りきらない」

「夫の靴が大きくて、アパートの靴箱だと扉が閉まらない」

「調理器具を収納する場所が足りない」

など、今の収納に対する悩みを事前にピックアップして書き出しお伝えするのが良いと思います。

特に注文住宅ならば、収納スペースを我が家流の暮らしにマッチさせた方が良いでしょう。

後々ストレスが溜まらないように、まず収納に関するお悩みを整理してから、プロに相談してみましょう。

まずは、メジャー片手に家の中を調べてみるのも良いかもしれません。

屋根裏や階段下、床下などの未空間を活用すれば 利用頻度の少ないものを収納するのには良いスペースです。

どこに、何を、どれくらい収納したいのか、明確にしておきたいですね。

最後に今までの経験で感じるのは、いくら充実した収納スペースを確保しても、すぐに一杯になる方も多いです。

収納するものを明確にするのと同時に、使わないものは処分。

「断捨離」も考えましょうね。

大阪府ブログランキング参加中 バナーをぽちっとクリックお願いします。 → 
大阪府ランキング

↑バナーをクリック!!お気軽にお申し込みください。

住まいづくり相談会の様子

家づくりの楽しさをお客様に熱く語る小西棟梁

「収納は奥行がポイント」への8件のフィードバック

  1. 収納のやすさは大事ですね。
    積み重ねの片付けでは物がとりにくい。
    キッチン下の昔タイプの収納庫は、かがんで奥直し
    一度直すと永遠に出せなくて。

  2. チーちゃん より:

    こんばんは。
    収納は大事ですよね。
    我が家は
    収納の多い間取りを選びました。

  3. Junko より:

    こんばんは♪
    うちも収納ヶ所は多いほうですかね。
    加えて納戸や家事室もあるし
    お客様が来る日などは
    とにかく物を納戸や収納ヶ所に
    隠してしまいます。

  4. みかん農家 より:

    そう、捨てられずにいらないものが溜まってくるので、断捨離ですよね。
    応援ぽち。

  5. たんぽぽ より:

    断捨離したいけど時間がなかなかなくて・・・
    お酒だけはお客さんにもらうと友達にあげてます
    外飲みしかしないので、しかもビールは飲みません(^_^;)
    ぽち

  6. hirugao より:

    最近はほとんど洋風な建て方ですので収納は
    それなりにあるのですが
    我が家はだめでした
    リホームはその辺をしたいものです

  7. 溶射屋 より:

    家づくりコラム森田さん

    こんにちは!

    我が家の場合、捨てることが苦手なので収納面積が大きくても直ぐに一杯になってしまいます。

    捨てることが大事ですね。

  8. あんこ1961 より:

    収納、大事ですね。
    うちは、亡くなった大工の父親が設計施工した家ですが、昔ながらの家で座敷が8畳と6畳の二間続きで家の真ん中にあり、収納はほとんどないので、不便です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時(月~土)
 つながらない場合は、 090-3261-7795(小西)まで

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。