住まいづくりコラム

土地・資金計画のお話

新築時の建築外諸経費について 後編

こんにちは大阪府交野市の無垢材と自然素材を使った家づくりを行う 日伸建設の森田です。

初めての家づくり、皆さんよく分からないのが、建築外の諸費用。

昨日のお話の続きです。

新築は①建売(分譲住宅)と➁既存住宅の建て替え、③新たに土地を購入して建てる(➁と③が注文住宅)と3つのパターンがありますが、建築外の諸経費はそれぞれ違います。

まず契約の形態が違います。

①建売は土地⁺建物のセット販売なので、宅建業の範囲になりますので、契約は「売買契約」です。

セット販売というのは「一発勝負」ということで、印紙税、抵当権設定登記などの費用が土地から取得の注文住宅よりはかなり費用は抑えられます。

➁③の注文住宅の場合、建築会社への支払いが大きな壁になります。

建物の支払い条件が「契約金」「着工金」「中間金」「最終筋」となりますが、住宅ローンは「担保」が無ければ一銭も出ません。

お家が完成して「担保」として設定が可能になり、初めて実行されるのです。

注文住宅は着工から半年以上工期がかかりますが、完成100%の支払いでは建築会社の立替負担が厳しいので、施主負担で実行まで「つなぎ融資」の経費(手数料+金利)が掛かります。

➁の建て替えは住宅ローンを利用時は抵当権設定、表示登記の費用は発生番お安いですが、同じ注文住宅でも土地からの場合は、土地と建物別々で「税金」「登記」「住宅ローン関係費用」が発生します。

土地購入が古家付きであれば「解体費用」+「滅失登記」+「印紙税」が加算されます。

という事で、建築外の諸経費という観点では、③新たに土地を購入して注文住宅を建てるのが、究極の贅沢な家づくりと言えます。

建て替えは土地は自己所有なので、一番経費負担が少ない。

土地からお探しの方は、「建売購入」が諸経費込みの総額が一番お安く新築を手に入れる事になります。

特に間取りや仕様に拘りが無いという方には、建売がコストパフォーマンスが良くお勧めです。

建売でも快適に暮らせる日伸建設の自然素材で建てる「香る家」

枚方市牧野阪1丁目 自然素材で建てた深呼吸する家 販売開始しました。
ご見学ご希望の方は直接日伸建設へご連絡ください。

私、森田が本格的な自然素材の家をウンチクを交えて、分かりやすく説明、ご案内致します。

新規分譲中(枚方市牧野阪)

詳しくはこちらをクリック

一度現地にお越しください。木の香りを感じてください!

◎近畿エリア・大阪府ブログランキングに参加しています。
皆さんの1クリック(1票)で順位が決まりますので、読まれた後は、
大阪府人気ブログランキング
のボタン↓を是非クリックしてください。
→ 
大阪府ランキング

ご協力、ありがとうございます 。   

※自然素材と無垢材を使ったマンションリフォームも好評頂いております。

※日伸建設では大工の見習いを募集中です。木や自然素材がいいなあと思う人、大工技術を一から学びたい人、メール、電話にてご連絡ください。担当森田まで。

「新築時の建築外諸経費について 後編」への3件のフィードバック

  1. チーちゃん より:

    おはようございます。
    諸費用の負担が有る無しで
    計画もいろいろかわりますね。

  2. 引っ越し費用や家具・電化製品などと
    目に見えない支出も頭に入れておかないと
    行けませんね。

  3. たんぽぽ より:

    これからネット回線の工事、しばらくネットが使えなくなるので応援だけですみません
    ぽち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時 水曜定休

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。

大工見習い募集中

菅村、田中両棟梁から基本技術を学び、木や自然素材を加工できるように指導いたします。
作業場にて墨付け、手刻み加工が行えるようになり、最終的には建築全体を理解して棟梁を目指しませんか?
モノづくりが大好きな夢を持った前向きな方を募集します。