住まいづくりコラム

私の住まい感

空き家問題と自治体消滅

こんにちは大阪府交野市の無垢材と自然素材を使った家づくりを行う 日伸建設の森田です。

今日は夢の無い日本の住宅事情について書きます。

暗ーい未来を明るく光を灯すにはどうすればいんでしょうか。

コラムで何度か触れましたが、「日本の家は余っている」と言われています。

2040年には空き家率が40%に、また全国1800市区町村の半分の存続が難しくなるという識者の予測。

約900の自治体が消滅するとも言われ、過疎化、廃墟化が問題となります。

2018年の総務省調査では空き家は総戸数の13.6%ですが4年経過した今もどんどん増えている状態。

何故空き家のままにするのか・・

それは税制の問題で、更地にすると固定資産税が増えてしまうから、空き家のままで放置するのです。

そんな中、今も戸建て住宅やマンションはどんどん造られ続けているのが不思議ですね。

税金から投入される補助金は新築住宅にも沢山出されています。

家が余れば不動産資産は減り、土地建物価格は下落します。

売るに売れない不動産が市場に溢れ、賃貸にするにも家が余るから貸すに貸せない。

親の家をそのまま相続した子供たちは、利便性が悪いなどの理由でそこには住まず廃墟化が進む。

地方の一部の自治体は人口減でインフラ整備が進まず、広げ過ぎた土地開発は終焉を迎える。

国もインフラ、ライフラインの整備等を理由に「コンパクトシティ化」を目指しているようです。

参照 晴海地区将来ビジョン 

参考資料 コンパクトシティの形成に向けて

これからの時代は、働き方も変わり「在宅ワーク」そしてAI技術向上しマイカーの「自動運転化」も普及し、今までは駅から遠くて不便だからと評価の低かった不動産も見直される新しい時代になると思います。

今迄不動産業界では築20年を過ぎると建物の価値は無くなると言われています。

新築時が一番高額で、人が住んで2割ダウン、10年で半値、25年でゼロ。

こんな商慣習だから空き家が増え続けるのです。

これからは建物の価値を見出す時代にならないといけません。

まず銀行を始めとする金融機関が建物の知識が無いのが問題です。

建物は築年数で一律で評価せず良い建物はきちんと評価する事が必要です。

良い建物は世代を超えて引き継がれ、大切に活用されるべきだと思います。

そういった中で、「共通の物差し」として、長期優良住宅や設計&建設の住宅性能評価制度を受ける事は必要であると私は思います。

◎近畿エリア・大阪府ブログランキングに参加しています。
皆さんの1クリック(1票)で順位が決まりますので、読まれた後は、
大阪府人気ブログランキング
のボタン↓を是非クリックしてください。
→ 
大阪府ランキング

ご協力、ありがとうございます 。   

※自然素材と無垢材を使ったマンションリフォームも好評頂いております。

※日伸建設では大工の見習いを募集中です。木や自然素材がいいなあと思う人、大工技術を一から学びたい人、メール、電話にてご連絡ください。担当森田まで。

「空き家問題と自治体消滅」への5件のフィードバック

  1. みかん農家 より:

    周りの家も、空き家になっていくような感じで
    どんどん高齢化していってます。
    いろんな政策をしていってほしいですね。
    応援ぽち。

  2. Junko より:

    うちの街区にあるゴミ屋敷も
    もう10年以上も空き家状態です。
    今だに亡くなったお爺ちゃんの名義のまま。。
    先妻との息子さんは放棄。。
    他の親族も処分にお金がかかるからと
    誰も何もしません。
    隣接してる3軒は大迷惑です。
    お爺ちゃんが住んでたときからネズミが出るようなゴミ屋敷。
    これからの季節、ゴキブリが凄いです。
    庭にあった竹が竹林のように広がってます。
    いつ自分たちの敷地内に竹が生えてくるかと
    ホントに困っています。
    でも、町は何もしてくれません。
    住民よりも、亡くなったお爺ちゃんのほうを
    守ってるような状態です。
    今の家を買う時に、そのお爺ちゃんの隣家も
    売り出し中でした。
    うちより高かったので諦めましたが
    正解でした。

    今日は、シロアリの件で教えていただき
    ありがとうございました。

  3. たんぽぽ より:

    職場のひとつは晴海勤務です
    今日は晴海勤務です
    ぽち

  4. 違出金で一躍全国区になった山口県阿武町。
    人口、1900人台。住民税免除が50%。
    税収が1億円に対して国からの補助金が50億。
    もう、町から村への降格はないようで。

  5. hirugao より:

    家の近くでもおじいちゃんが亡くなられて
    そのままというのが多いです
    何十年も彫ってあると気が大きくなりすごく迷惑なんですよね
    何かいい政策はないのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時 水曜定休

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。

大工見習い募集中

菅村、田中両棟梁から基本技術を学び、木や自然素材を加工できるように指導いたします。
作業場にて墨付け、手刻み加工が行えるようになり、最終的には建築全体を理解して棟梁を目指しませんか?
モノづくりが大好きな夢を持った前向きな方を募集します。