住まいづくりコラム

住設建材のお話

カバー工法もお任せ下さい

こんにちは、交野市・枚方市・寝屋川市を中心に自然素材を使った木の家を建てている、日伸建設の森田です。

今日は、カバー工法についてお話します。

カバー工法とは、既存のものの上から新しいものを取り付ける工法です。

玄関ドア、サッシ外壁、屋根、窓枠など、様々な場所に用いられます。

既存のものと取り換える工事と比べると、解体費用や工事期間を節約できます。

住みながら工事できるので、一時退去するなどの手間もありません。

とは言ってもイメージが付きにくい方もおられるでしょうから、実際の施工事例を少しご紹介します。

店舗の劣化したスレート屋根を捲らずに折半屋根をカバー工法で行いました。

劣化したスレートの上に乗ると、脆く割れやすく危険なので慎重に工事を進めました。

戸建てのスレート屋根も同様です。

20年以上前のスレート屋根にはアスベストが含有されています。

アスベスト飛散と廃材処分の問題もあり、カバー工法なら工事も安全に手早く行え費用も抑えられます。

アスベストは普通の産廃扱いは出来ませんので、作業も危険性が高く解体廃棄費用が高額になるからです。

こちらは遮音用のクッションが入った、ガルバニウム鋼板(ガルバ)の屋根でカバー工法です。

高圧洗浄したスレート屋根 板金に錆止め塗ります

ルーフィング後、ガルバの屋根をカバー工法で施工 

次は玄関引き戸の場合。

古い玄関引き戸を枠だけ残して、カバー工法にて改装します。

枠だけ残します。既存引き戸のレールを捲っているところ。

 

既存のアルミ枠を樹脂枠でカバー 美しくなり、冬場の結露も防ぎます。

 

建具が吊り込まれました 鍵も最新になりセキュリティも高まりました

 

網戸も入り通気も取れます

工事の時間、ストレスを軽減し温熱性、防犯性、枠を残すため躯体を傷めないので雨漏れの心配もなく壁の補修も不要。

とはいえ、外壁にカバー工法を用いる場合は配管処理への配慮が必要であったり、通気層を確保しなかったために内部結露が発生させることもあるので、注意が必要です。

カバー工法も施工実績のある信頼できる業者を指名したいですね。

北摂、京阪エリアの方でしたら、まずは日伸建設へご相談下さい。

カバー工法等の小規模工事、入れ替えリフォームもお任せください。

枚方市牧野阪1丁目 自然素材で建てた深呼吸する家 販売開始しました。
ご見学ご希望の方は直接日伸建設へご連絡ください。

私、森田が本格的な自然素材の家をウンチクを交えて、分かりやすく説明、ご案内致します。

新規分譲中(枚方市牧野阪)

詳しくはこちらをクリック

一度現地にお越しください。木の香りを感じてください!

◎近畿エリア・大阪府ブログランキングに参加しています。
皆さんの1クリック(1票)で順位が決まりますので、読まれた後は、
大阪府人気ブログランキング
のボタン↓を是非クリックしてください。
→ 
大阪府ランキング

ご協力、ありがとうございます 。   

※自然素材と無垢材を使ったマンションリフォームも好評頂いております。

※ノーリツ・リンナイガス給湯機 戸建て用24号追い焚き エコジョーズ 都市ガス13Aの在庫2台あります。お早めにどうぞ。

「カバー工法もお任せ下さい」への8件のフィードバック

  1. hirugao より:

    確かにこれは嬉しいことです
    コロナの事が無かったら色々考えたいですが・・・
    息子たちは遊びまわっています
    今はやりのキャンプですがもう10年くらいになります
    家よりそちらに物入りです(笑)

  2. たんぽぽ より:

    結露防止、いいですね♪
    今週もお互い頑張りましょうね
    ぽち

  3. 隣の家がガルバの屋根
    もう、20年にはなるけどメンテ一切なし。
    瓦は漆喰は痛むは瓦止めしないといけないはで
    メンテ大変です。

  4. みかん農家 より:

    一部でも壊すとなると厄介なので、
    カバー工法は、簡単でいいですね。
    応援ぽち。

  5. Junko より:

    こんばんは♪
    うちも木製玄関ドアの表面がボロボロに
    なってきたので、新しい玄関ドアに
    取り替えました。
    職人さん1人で、お昼ご飯も食べず
    夕方までには終えていただきました。
    ドアの高さとデザインで、似たようなドアには
    できなかったのですが、新しいのも気に入ってます。

  6. たんぽぽ より:

    いつもありがとうございます
    今日のぽち♪
    またお邪魔します

  7. チーちゃん より:

    おはようございます。
    既存の物をいかしてリフォーム
    素晴らしいですね。

  8. へぇ~スレートの屋根のカバー工法って知りませんでした、瓦屋根のカバー工法はさすがに無いでしょうね・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時 水曜定休

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。

大工見習い募集中

菅村、田中両棟梁から基本技術を学び、木や自然素材を加工できるように指導いたします。
作業場にて墨付け、手刻み加工が行えるようになり、最終的には建築全体を理解して棟梁を目指しませんか?
モノづくりが大好きな夢を持った前向きな方を募集します。