住まいづくりコラム

作業風景

山桜・粗削り

こんにちは森田です。

作業場では藤阪元町の階段段板の加工を田中大工が行っています。

たっぷりと時間を掛けて寝かせた高級材の山桜を製材後粗削り。

木肌が美しいのが特徴です。

山桜のきれいな杢目

なんでも自然のもの、ホンマものはいいです。

この階段の段板だけでも仕上げまでまだまだ複数の工程があります。

手間ひまかけた日伸建設の家づくりです。

「山桜・粗削り」への4件のフィードバック

  1. 確かに合板になり木のやさしさがなくなりました。
    かと言って高いし

    1. 森田 真市 より:

      今の合板(またはMDF)商品の木目はシートにプリントなので木ではないのです。

  2. Junko より:

    こんばんは♪
    作業場は、木の香りがいっぱいでしょうね。
    拝見してるだけで、私にまで漂ってきそうです。
    桜は花の香りも良いから、木も絶対に良い香りだと
    思います。

  3. 森田さん、お久しぶりです!
    お元気そうで、よかったです。

    お仕事が変わったのですね。
    立派な邸宅が、たくさんアップされていますね。
    伝統的な家造りの良さや価値は、ワタクシのような素人にはわからないので、このようなブログはとてもいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時(月~土)
 つながらない場合は、 090-3261-7795(小西)まで

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。