住まいづくりコラム

お伝えしたいこと

太陽光発電が都で義務化?に懸念

こんにちは森田です。

先日のニュースで、新築住宅に太陽光発電の義務化、東京都が検討という記事を見つけました。

太陽光パネル 陶器瓦の施工例

東京都が新築住宅を対象とする太陽光発電設備の設置を義務化する検討を始めた。
マンションなどの集合住宅だけでなく、一定規模の戸建て住宅も対象に含める方向で調整している。
ただ、住宅への設置義務づけは政府などでも議論されたが、住宅価格高騰などへの懸念から見送られた経緯もあり、曲折も予想される。2021/10/05 読売新聞

小池知事は、「CO2(二酸化炭素)の削減が一番進んでいないのが家庭だ。家庭部門の再生エネルギー導入を進めるということで提案した」と発言、これは以前から言われていることで公共や企業ではかなり省エネが進んでいるのは事実。

ご存じのように、太陽光で発電された電力は、余剰分(自宅で使った余り分)は電力会社に「売電」することもできます。

国内では、CO2が大半を占める温室効果ガスの排出量の8割以上が石炭、石油、ガスなどの化石燃料でうち4割程度が電力(火力発電)です。

太陽光などの再生可能エネルギーが電源として広まれば、発電所からのCO2排出量削減にもつながる。

この方策の背景には、

・政府目標 50年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロ。

・都目標 30年のCO2排出量を00年比で5割削減。

という厳しい目標があるからです。

都は住宅への太陽光パネル設置費の助成等を進めては来ましたが効果は微増。

このままでは目標との乖離を埋められないという理由で「義務化」を検討という訳です。

皆の生活の質は落したくないけれども、目標は達成しないとメンツが保てないので」何とかしたい。

そうなると、その場しのぎの「いつまでに、何を、どれだけ、どのように」の四則計算で資料を作成する、机上の世界を進めるしかありません。

もう再生エネルギーに頼るしか逃げ道が無い・・で導入するハードルも低くて経済効果にもプラスになるし一石二鳥で太陽光発電、って感じなんでしょう。

良い事ばかり目が向きがちな太陽光発電システムですが、ちょっと斜に構えて私が懸念するデメリット面を書かせてください。

懸念するのは太陽光パネルの耐用年数と廃棄処分問題。

法定耐用年数は17年と定められていますが、大体25年を目安に(予想)発電能力は徐々に低下、その後はある程度分別され残りは産業廃棄物扱いになります。

そうなってもパネル自身の微発電はあるので、感電や火災などの取り扱いリスク、またパネルからのカドミウム、鉛などの公害・健康被害リスクもあるようです。

設置時と同じように足場・撤去費用・運搬費は約30万円程度と言われていますが、屋根の修理や葺き替えが必要ならばさらに金額は加算されます。

これらの費用は大きな負担で実際には行われるのか、廃棄処分もきっちりとリサイクルできるのかまだ疑問です。

原発を「トイレの無いマンション」と表現した方がおられましたが、今後増え続ける太陽光パネルの大量処分は大丈夫なのか不安が残りますね。

都知事にはその辺もよく考えてから、義務化のお話をお願いしたいものです。

大阪府ブログランキング参加中 バナーをぽちっとクリックお願いします。 → 
大阪府ランキング

★日伸建設 自然素材・手作りプロジェクト 

日伸建設では住宅に関連するだけではなく、「自然素材・手作り」に拘って衣・食・住の情報発信に取り組んで参ります。

山桜で作った木のスプーン&フォーク販売開始。

工芸品の職人眞島さんが丹精込めて一本一本作った木のスプーン&フォーク。

日伸建設が販売代理で取り扱うことになりました。

時間を掛けて良いものを作るというのは日伸建設と同じコンセプト。

日伸の大工さんたちと一緒の加工場で仕事をする眞島さん、物作りへの熱い想いは共通です。

拭き漆※で5回から6回塗り重ねています。

※木地に透けた生漆を塗っては布で拭き取る作業を繰り返し、木目を生かして仕上げる技法を「拭き漆(ふきうるし)」といいます。

漆仕上げの山桜・木のティースプーン、デザートフォーク 税別3,500円/本(送料別)。

色は黒・白・茶の3種類です。

黒・白の漆仕上げ 山桜のティースプーン&デザートフォーク 各3500円(税・送料別)

 

写真右・木工作家の眞島拓(まじま たく)さんと小西棟梁

INSTA @majima_taku

★購入後希望の方はFAX072-395-1005 または、nissinkensetu@ares.eonet.ne.jp まで。

郵便番号・住所・お名前・電話番号・希望商品・個数・色の明記をお忘れなく。

完全オーダー商品なので、ご入金確認後製作を始めますので納期は追って連絡致します。

左からスプーン大、フォーク大、ティースプーン、デザートフォーク 上部にレンゲ

デザートフォーク 黒・白 各3500円(税・送料別)(写真は黒・白)

スプーン大&フォーク大 各5000円(税・送料別)(写真は茶・黒・白)

レンゲ 6000円(税・送料別)(写真は黒・茶)

 

「太陽光発電が都で義務化?に懸念」への8件のフィードバック

  1. 太陽光パネル処分できる自治体は僅かしかないと
    ないと思います、高い設置料に処分費。
    まだまだ解決していかないといけませんね。

  2. Junko より:

    こんばんは♪
    やはり、一戸建てとなるとデメリットのほうが
    気になります。
    良い面ばかり見てても、いざ何かあった時に
    そう負担なく事が済むのか個人宅だと
    考えてしまいますね。

  3. チーちゃん より:

    こんばんは。
    太陽光発電のデメリットを
    読ませていただき
    なるほどと納得です。

  4. みかん農家 より:

    後のことを考えると、考えてしまいますね。
    応援ぽち。

  5. たんぽぽ より:

    公害・健康被害は困りますね
    ぽち

  6. 太陽光パネル・・・この前新聞でもこれからのエネルギーは自給自足と書いてあるのを見かけました
    確かに25年~30年の寿命・・・これを今後50年寿命に開発出来ないかな~なんて、そして廃棄の問題今はまだ、大量廃棄にはなっていないので、産廃ですが今後リリュース、リサイクル出来る仕組みも考えられているようです、作る側の責任も有るかと思います
    今は屋根の上にパネルを設置する形ですが、屋根自体をアルミにし、パネルをはめ込む方式にすれば、コストも下がるかと、(素人考え)ですが
    太陽光パネル設置出来る条件の場所も有りますよね~

  7. 溶射屋 より:

    家づくりコラム森田さん

    こんにちは!

    >これらの費用は大きな負担で実際には行われるのか、廃棄処分もきっちりとリサイクルできるのかまだ疑問です。

    目先ばかりのことより、処分費用などのことも考えておくこと大事だと思います。

    ポチッ!

  8. hirugao より:

    そうなんですよね、経費もですがあとのことを
    考えるとるとどうなんでしょうね
    まあ、エネファームしたから必要ないかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お気軽にご相談ください

電話:072-860-7004【営業時間】10時~18時(月~土)
 つながらない場合は、 090-3261-7795(小西)まで

お問い合わせ・物件見学のご依頼

木のこと、家のこと、間取りのこと、予算のこと、何でもまずはお気軽にご相談ください。

当社で建てたお家を見学することもできます。木の温もりを実際に体感してみてください。